12月だけどキャンプを楽しもう!
冬のキャンツー旅ってことでカブで出掛けた先週の話〜 きゃvネコ

ネコ高ボッチ山から下って今日は2日目ってことですけど・・・

ズバリ!今回の旅で予定していた次のキャンプ地を目指しましょう!
幸い今日も天気は最高だし、昨日の猛烈な寒波も緩むらしいから
快適な高地キャンプになると思うよ。

ネコ<おっ〜〜〜・・・って今日も高地なの!?

そりゃもう長野ですから 手
というわけで今回目指すのは伊那谷を見下ろす絶景キャンプ場!
その名も・・・

PC152881.jpg

陣馬形山キャンプ場 テント

ネコ<これはこれは!!

コチラもずっと行ってみたかった絶景スポットなんだけど、
なんとちゃんとしたキャンプ場が整備されてて、その上無料って話。
これは行くしかないっしょ ドキドキ






なんだけど昼間はとにかく移動。
高ボッチ山を9時に下って、後はトコトコと伊那、駒ヶ根方面に向かいます。

DSC_0798.jpg

参考まで昨晩のキャンプでシュラフカバーがバッキバキに凍りついてしまったので、
道中の休憩ごとに取り出して解凍作業を行ってます 汗

ネコ<さ、さすがマイナス9度の高ボッチ山 ショック

んで昨晩寒かったし、やっぱり冬の旅と言えば温泉だよねってことで、
伊那谷でもっとも好きな南アルプスを臨むみはらしの湯に行くも・・・

ネコ<不運にも休業日でした 涙

という予想外があったけど代わりにこれまた9月、空木岳登山の後に入った・・・

PC152870.jpg

中央アルプス、駒ヶ根ロープウェイ麓のこまくさの湯に立ち寄りました 温泉
この温泉は風呂だけだと610円とやや高めだけど・・・

DSC_0799.jpg

食事とのセット券が1020円なので、駒ヶ根ソースカツ丼を食しつつ
時間をかけてマッタリ温泉を楽しみました。

PC152871.jpg






さて、時間は3時・・・
そろそろ陣馬形山キャンプ場に向かおうと思ったんだけど・・・

ネコ<あれ?どうかしました??

いや、よくよく考えてみて思い出したんだけど、
南信のマイナー県道とかって結構荒れてたり、急な峠だったりして
この時期冬季閉鎖になるところも多かった気がするんだよね うーむ

ネコ<そ、それってつまり・・・

正直、この時期に陣馬形山まで行けるの?って状態 アセアセ

ネコ<いや、そこは出発前にちゃんと確認しましょうね ムカ

陣馬形山に行く道はいくつかあるみたいなんだけど・・・

DSC_0800.jpg

駒ヶ根市街地から向かう場合、最短ルートは県道210号折草峠まで登り、
そこから5kmほど登ればいいみたい。

PC162916.jpg

まぁ〜その折草峠までの道が後半落ち葉が積もった狭い急勾配路だったり・・・

PC162912.jpg

折草峠から先が一部完全に雪が積もったり、凍結でツルツルになってるところがあったり・・・

DSC_0810.jpg

どうやらこのルートで陣馬形山にアクセス出来るのはこの週が最後だったみたい。
(現在は冬季閉鎖に入ってしまって春まで通れないと思います)

ネコ<っていうかスノータイヤに履き替えてなければアウトでしたね やれやれ

だけど、折草峠から陣馬形山の道は一部展望も開けて・・・

PC152875.jpg

ネコ<うわ!南アルプス!!

PC152877.jpg

こんな贅沢な眺めも楽しめるってわけ 手

PC152878.jpg

そしてようやく到着・・・

PC152880.jpg

コチラが今日の宿泊地、陣馬形山キャンプ場〜 キャー
と、いうわけで日没前にササッとテント設営!!

ネコ<ここもなかなかの高度感ですね き

標高は1400m程度で昨日の高ボッチ山よりは少し低いね。
高ボッチと違って無料なれど、ちゃんとしたキャンプ場なので水道もある・・・

DSC_0807.jpg

けれどこの時期はご覧の通り止まってます 危険
他にも無人の避難小屋もあり・・・

DSC_0809.jpg

DSC_0808.jpg

中は開放されてるし、リニューアルされたのか事前の情報よりも新しかった。






さて、陣馬形山もキャンプ場から少し歩けば簡単に山頂に立つことが出来るよ!
そして山頂まで来れば・・・

PC152884.jpg

ご覧の眺めよぉ〜〜〜っ ドキドキ

OI001391-02.jpg

ネコ<おぉ〜〜〜!!夕暮れの中央アルプス 山

今日は夕方も雲がなくて最高の夕暮れ!

PC152891.jpg

ネコ<日が沈むと・・・

PC152892.jpg

ネコ<飯田市街の町灯りが美しいです onpu03

PC152895.jpg

そんな飯田の夜景を見下ろしながらテントin!
昨日の高ボッチほど寒くなかったから、完全に日が沈んだ後も山頂に行って
ベンチに寝転がって星を見たりしてたんだけど・・・月

PC152904.jpg

そんな陣馬形山は最低マイナス5度程度まで下がったみたいだったけど、
高ボッチ山のように「テント内で雪が降る」こともなく朝までいたって快適快適 ピース
とにかくニュー寝袋の効果半端ないです!

キャンプ場も他に若者二人組のキャンパーが一組いたくらいで静かで過ごしやすかったです。
例によって持ち込んだ水はガチガチに凍ってたけどね Docomo_kao13






ちなみに前回紹介した鍛造ペグとペグハンマー以外にもう一つ、
今回のキャンプから加わった新たなギアがあります!

DSC_0797.jpg

それがコチラ!SOTO新富士バーナー)のウインドマスター
要するにアウトドア用のガスバーナーですね。

ネコ<いや、お兄さん・・・ガスバーナーならば日本一周から使ってる奴があったじゃん 困った

同じくSOTOのST-310だね。
コチラは日本一周開始当初にコンビニでも売ってるCB缶が使えるからと選んだもの。
マイクロレギュレーター搭載で従来品よりも低温に強い構造なんだけど、
CB缶封入のガス自体はやはり低温に弱く、これまでも冬場は出力が低下して困っていたんだ。

DSC_0803.jpg

その点、このウインドマスターはアウトドア向けのOD缶が使え、
低温に強いパワーガスタイプを使えば陣馬形山でももの凄い出力!!
(別売オプションの4本ゴトク装備)

ネコ<ホントだ!お湯程度ならあっという間に沸騰しますね 驚き

OD缶はCB缶より高価だけど、この出力ならそれほどガスも減らず、
一缶でも結構長持ちしてくれそうだね!
更にOD缶共々、クッカー内に綺麗に収まるので、将来的にテント泊登山などを
するようになった際にも利用できそうっていうのも、今回購入を決意したポイント。

DSC_0804.jpg

というわけで陣馬形山でも晩飯はお湯だけ沸かしてカップヌードルでしたが、
朝は日本一周時代から定番のパックごはんとレトルトカレーを使ったカレーライスに挑戦!

DSC_0801.jpg

テントのフライ下で使ったので名前の由来となってる耐風性は確認できなかったけど、
短時間でちゃちゃっと調理出来て、体を内側から温められます ニコッ

DSC_0802.jpg



そしてニュー寝袋、モンベル アルパインダウンハガー800 #1についても一言。
高品質ダウンを使ったコンパクトなモデルとは言っても、
収納時はそれなりの大きさになります。

DSC_0805.jpg

しかしこれも寝袋用コンプレッションを使えば・・・

DSC_0806.jpg

ネコ<こ、こんなにコンパクトに!?

モンベルの寝袋コンプレッションの中では下から二番目にコンパクトな
Sサイズがジャストでこれだけ小さくなるわけっす!
マイナス10度まで楽々寝られる寝袋としては意外なほど小さく出来ますよ!






陣馬形山キャンプ場で目覚めた三日目の朝・・・

PC162905.jpg

夜中から少し風が出て来たんだけど、翌朝起きると空は雲も多く、
昨日は綺麗に見えた中央アルプスも山頂部は雲の中。

PC162910.jpg

ネコ<確か事前の予報では今日の午後一雨来るかもしれませんでしたよね ↓

いずれにしろ天気は下り坂だったと思うので、
この日は手早くテントを撤収し麓まで下ることにしました。

ネコ<最悪これで家に帰ろうかとも思っていたのですが・・・

この後、天気が急に持ち直してくれたので、今回のキャンツーは三泊目に突入します 汗





日本一周・登山ブログ応援中!!
きゃvネコ クリックするのだ〜 下
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(バイク)へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
コメント
コメントする